トップ / 道路 / 高速道路 / 東関東自動車道 谷津船橋IIC 開通

東関東自動車道 谷津船橋IC 2013年9月20日(金) 15時開通

東関東自動車道 谷津船橋ICが2013年9月20日(金) 15時に開通します。
谷津船橋IICは市川IC〜湾岸習志野ICに新しく整備されたICです。スマートICではない為、ETC非装着車も利用できます。上り線は東京方面への入口のみ。下り線は千葉方面への出口のみとなります。首都高速〜谷津船橋ICの料金は普通車で350円。湾岸市川IC〜谷津船橋ICも同じ料金です。


谷津船橋ICは国道357号や国道14号で発生している慢性的な渋滞の緩和を目的として設置されたインターチェンジです。谷津船橋ICの整備に合わせて国道357号の若松交差点改良工事(県道15号海浜大通り 幕張方面からの直進・右折レーン設置)や、県道8号船橋我孫子線(通称:船取線)の4車線化工事が進められました。

臨海部の工業地帯からの物流車両や、国道296号・県道8号船橋我孫子線からの通過交通が谷津船橋ICを利用することで、国道357号若松交差点〜湾岸市川IC間の渋滞緩和が期待されます。また、谷津船橋ICができることで、臨海部の工業地帯から現在建設中の外環道千葉区間に向かう際に、湾岸習志野ICや京葉道路 花輪ICへ迂回する必要がなくなります。幕張メッセの大型イベント開催時は湾岸習志野ICと谷津船橋ICで交通が分散する為、湾岸習志野ICの出口渋滞や帰宅時の海浜大通りの渋滞が緩和される見込み。

国道357号 船橋地区渋滞対策

谷津船橋ICとの一体的整備として、国道357号線東京方面の若松交差点手前から二俣交差点先の約3.5キロの区間で、拡幅工事が進められています。

京葉線の線路用地を国道357号線の拡幅へ転用し、東京方面のみ現在の片側2車線から片側3車線へ拡幅。また、両方向とも新たに左折レーンを整備。新たな用地が無い千葉方面については、東関東自動車道の橋脚ギリギリに直線車線を移設することで、左折レーンを確保します。右折レーンについても既存の右折レーンを延伸します。

谷津船橋IC開通で海浜大通りと船取線を行き来する車両が増えますが、若松交差点にはアンダーパスの計画がありました。県道15号海浜大通りと県道8号船橋我孫子線を片側1車線の地下道で結ぶという計画です。最近の予算資料には掲載されていない為、計画が白紙となった可能性があります。

谷津船橋IC 開通1週間の状況

前評判が悪かった谷津船橋ICですが、国道357号東京方面西行きの渋滞は大幅に減少。朝夕の一部時間帯以外は流れています。国道357号千葉方面東行きの渋滞も緩和し、渋滞距離・渋滞する時間帯は減っているものの、若松交差点の右折レーンがまだ延長されていない為に朝夕は若松交差点を先頭とした渋滞あり。栄町交差点手前の側道合流部も流れが悪い状況です。

東関東自動車道 谷津船橋IC 概要

  • 開通日 2013年2013年9月20日(金) 15時
  • 設置箇所 市川IC〜湾岸習志野IC間
  • 料金所 ETC・一般車対応
  • 出入口 東京方面のみのハーフインター
    ※千葉方面への出入口はありません
    ※千葉方面の整備計画はありません

湾岸市川IC〜谷津船橋IC 通行料金 2013年度版

湾岸市川IC〜谷津船橋ICの料金は普通車で350円。湾岸市川IC〜湾岸習志野ICは普通車で400円です。特ETCの割引料金は開通時の割引率です。2013年度以降にETC割引が改訂された場合、新たな割引率での掲載は行いません。ネクスコ東日本の公式サイトにてご確認ください。

湾岸市川IC〜谷津船橋IC 軽自動車等 通行料金

  • 通常料金 350円
  • ETC車 深夜・早朝夜間割引 300円(22:00〜6:00)
  • ETC車 平日夜間割引 150円(20:00〜22:00)
  • ETC車 休日特別割引(昼間) 200円(休日 6:00〜22:00)
  • ETC車 休日特別割引(夜間) 150円(休日 22:00〜6:00)

湾岸市川IC〜谷津船橋IC 普通車 通行料金

  • 通常料金 350円
  • ETC車 深夜・早朝夜間割引 200円(22:00〜6:00)
  • ETC車 平日夜間割引 250円(20:00〜22:00)
  • ETC車 休日特別割引(昼間) 250円(休日 6:00〜22:00)
  • ETC車 休日特別割引(夜間) 200円(休日 22:00〜6:00)

湾岸市川IC〜谷津船橋IC 大型車 通行料金

  • 通常料金 450円
  • ETC車 深夜・早朝夜間割引 250円(22:00〜6:00)
  • ETC車 平日夜間割引 300円(20:00〜22:00)

東関東自動車道 谷津船橋IC 入口

国道357号を船橋方面へ向かうと道路右側に谷津船橋IC入口があります。国道296号・県道8号船橋我孫子線からは若松交差点を直進して海浜大通りに入り、ビバホームのある1つ目の信号を左折。突き当たりの信号を奥側に左折すると谷津船橋ICです。

国道296号・県道8号船橋我孫子線から東関東自動車道 谷津船橋IC

東関東自動車道 谷津船橋IC 出口

谷津船橋IC出口は料金所通過直後に2手に分岐します。左側は国道357号千葉方面への分岐。右側は地下道で東関東自動車道の下をくぐり抜けて海浜大通りに直接出ることができます。出口の坂は少し急なので注意。国道357号に出る際も一旦下り坂となります。


東関東自動車道 谷津船橋IC 出口分岐

東関東自動車道 谷津船橋ICから国道296号・県道8号船橋我孫子線

地図

東関東自動車道 谷津船橋IC 関連リンク

関連ページ

コメント

2013.11.30

羽田空港から津田沼へ向かうリムジンバスが谷津船橋ICを利用するようになりました.これまでは湾岸習志野IC経由浜田交差点Uターンでしたので大分近くなった印象です。ちなみに料金は1,200円で変わりません.

2013.11.21

ららぽーととIKEA並びにその周辺へ行く車をさっさと357号から降ろさせる手段がないと、谷津船橋も焼け石に水かと。
357東行きは塩浜交差点を過ぎると信号機が無いですから栄町、日の出、浜町2丁目の3連続信号で渋滞するのは当然でアレを何とかしないとダメでしょうね。

2013.09.23

上り線の出口は計画されないのでしょうかね。

2013.09.18

料金高過ぎます。湾岸習志野からと50円しか変わらないなら利用する気になりません。200円くらいになると思ってたのに残念です。

2013.09.07

渋滞緩和目的なら、下りはららぽーと手前、登りはららぽーと先に出入り口を設置するべきではなかったのではないでしょうか?

管理人コメント

提案されている位置に設置した場合、最も交通量が多い浜町2丁目交差点の交通量を減らすことができません。若松交差点〜日の出交差点は業務用車両が多い区間である為、湾岸地域の業務用車両が渋滞区間が流入する手前に設置する必要があります。

2013.08.26

習志野ICから400円です。
渋滞緩和を目的として谷津船橋ICを開通すると聞いています。
ところが料金350円と聞き、高い料金ではたして利用する車両がどれだけいるのか・・・・。
毎日渋滞の中を通勤していて期待していたのですが、利用する気になりません。
今後、安くなる予定はありますか?

管理人コメント

この区間では国道357号の渋滞緩和を目的として、過去に通行料を半額とする社会実験が行われています。実験期間は2004年11月1日(月)から2005年1月31日(月)までで、湾岸市川IC・首都高〜湾岸習志野IC間が普通車で200円(通常400円)で通行できるというものです。深夜割引・早朝夜間割引との併用は不可でした。

実験結果では千葉方面行きで渋滞が緩和したものの、東京行きは渋滞が緩和されませんでした。特に通行量の40%を占める大型車が国道357号から東関東自動車道へ転換されなかったことが課題とされていました。谷津船橋ICの供用により、湾岸工業地帯の大型車が東関東自動車道へ転換されることが期待されています。

谷津船橋IC供用後にまた社会実験として割引が行われる可能性はあるかもしれません。ただ、現時点では東京方面へ向かう若松交差点付近から湾岸市川IC付近まで 1車線を拡幅する計画が進められており、現時点で料金割引による渋滞改善策を行う可能性は低いと思います。

口コミ 募集中

谷津船橋ICに関する情報がありましたら、下記より投稿をお願いします。